Hold On 清瀬 – 第2期 画像集

 Hold On 清瀬のGalleryページに、第2期の画像集を掲載しました。

         
       

画像は大量にあるので、その中で何を載せるかかなり迷ったのですが上記の内容に。選別したものはその日の写真の中で個人的に最もインパクトがあるなーと思った画像と、お店やイベントの雰囲気が何となく分かるかなと思ったもので纏めました。とても良い場だったなと作りながら思ってました。アイキャッチ画像は一番のお気に入り画像です。このアルバムを作るにあたってLightbox風のプラグインを入れたのですが、WordPressのテーマに元々入っているColorboxを外すのに少し手間取り、サイトコンテンツの移行にも時間がかかってます。

暫くこういったサイトのカスタマイズをやっていなかったのと、WorfPress自体が新しくなっているので色々と勉強中です。相変わらずサイトトップはIEでの閲覧に問題がある場合を払拭できておりませんが、これはもう無理かもしれないというレベルでちょっと挫折気味です。画像作成方法に問題があるのかも。その場合、ちょっと現状では打開策が見つかりません。IEで観る方はhttp://shambara.jp/blog/の方から入るとまだマシかも。インデックスの方は環境によって画像やCSSの読み込みができないケースがあります。

さて、そんなことはいいとして、最近はアウトプットする時間が取れずTwitterなどもニュースをブクマ代わりにメモするばかりになってきてます。色々と書いておきたいことはあるものの、一々書いているとそれはそれで大変な時間がかかってくるので一先ずはインプットに専念という形で凌いでます。ただ、もうやるべきことは決まってきていて書いておきたいことも割と言ってきたと思うので、インプットだけでもそんなにストレスにはなっていない感じです。

例えば、世の中に良いニュースというのは、相対的にはあまりありません。基本的に何故か報道は「事件」を流すことを使命だと感じているようで、時にはでっち上げてでも事件を流そうとします。でも、そういう中から得るものは何かが「問題提起」されている事実と考える力。捏造であったとして、それが恣意的なものであれ世に出て人目に情報が触れた時から、それはもう見て見ぬ振りができないものになってしまうから対峙するしかない。その上で何をするか、どう生きるかということが大切だと思います。

生きていく上で自分にとって知らない方がいいことというものがあったとして、それを選択する力も人にはありません。どこかで耳にした時、あるいは何かで知ってしまった時、もう知らなかったという自分には戻れないわけです。問題提起に対して残された選択肢は、知っていて見て見ぬ振りをするか、向きあって対処するか、逃げるも戦うもその人の選択になってしまう。最期に、人としてこれで良かったと思える選択をしようと思えるなら、人生を有意義なものにしていく生き方になるんじゃないかなとも思っていたりします。


Comments are closed.