Live Diner PrisonTokyo





2007年9月25日 PrisonTokyo

当時、Prison Tokyoはできたばかりの新しいお店で、友人から誘われ開店当初から毎週通っていたBlues SessionとShambara Projectの前身であるNOISEの二段構えでイベントを展開していました。BluesSessionの方は当時、お店のオープニング・スタッフでもあった小黒昌明氏が主催とホスト・プレイヤーを兼任。

ここでは7ヶ月の準備期間を経て、スタッフの方々や小黒氏に支えていただき後の8ヶ月を自主イベントの活動場所としていました。その他、同時期に歌舞伎町GoldenEggでも同じセッションを行うようになり、音楽団体として活動を開始しつつ規模の拡大に向けて準備を始めました。

そして、セッションの他には新形態のライブ・イベントなども行い、多方面から好評価を得たものの、小黒氏がお店を辞めてからスタッフも入れ替わるようになるにつれ営業は不安定になり、途中から入ってきた店長によって脅迫事件を起こされ、それが警察沙汰になったことから撤退を余儀なくされることとなりました。

こうしたことがあってはいけないと奔走しましたが、結局この事件はこちらの泣き寝入りとなりました。その後一年ほどでこのお店は潰れてしまったということです。その後、Noiseは迷いつつもGoldenEggを本拠地としてイベントを行うようになり、形態のまったく違う場所で出直すこととなったことから已む無く規模を縮小していくこととなりました。